HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト法的行動  »  「ル・サンク小石川後楽園」:住民の頑張りと東京建築審査会の正義の英断に敬意を示します
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
文京区小石川2丁目の完成間近のマンション「ル・サンク小石川後楽園」に対する建築確認に対して、執行停止処分を東京都建築審査会で決定したとのことです。

東京都建築審査会がマンションに対して建築確認の執行停止の決定処分を出すのは初めてとのことで、極めて画期的な大英断だと思います。この勝利を勝ち取られた住民の方々の足掛け10年以上の頑張りにも頭が下がります。

この計画には、避難計画などに関する違法性があったようですが、事業者は長屋計画とするなどでこうした違法性を逃れようとしていたようです。建築確認を出した処分庁も建築図面を東京建築審査会に提出しないなど対応面の問題もあったようです。つまりは、処分庁も建築確認の違法性を認識していたのでしょう。マンション業者が建築確認を業者にやらせる仕組みでは、どこまでも業者より計画になってしまう。こうした建築確認の仕組みそのものも問題ではないか。ガバナンス改善の余地があるはずである。

最後に、これほど画期的な事件にもかかわらず、ブログで論じられるだけで、マスコミでほとんど報じられないのは一体なぜなのか。マスメデイアも大広告主のマンション業界を向こうに回したくないというのが本音だろうか。

住民の皆さんのさらなる頑張りに期待しています。

この件の詳細はこちら。
小石川二丁目マンションの無秩序な開発・建築を考える

あたたかい応援をお願いいたします。
こちら(↓)をクリック願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
32
小石川では2件の執行停止の決定がされています
執行停止の決定がされた事件
たいへん関心があります。


さて文京区小石川では
3年前にも文京区建築審査会による執行停止の決定があり
そちらは長屋です。
http://suzuki.seesaa.net/article/276766582.html

建築審査会での執行停止は全国で初の事例だったようです。


ル・サンク小石川後楽園は
共同住宅です(長屋ではありません)。
延べ面積が1万平米を超えている大規模な共同住宅で
所管も東京都建築審査会になっています。
執行停止の決定がされたのは
東京都建築審査会での初の事例のようです。


これほど画期的な事件にもかかわらず、
マスコミでほとんど報じられないのは一体なぜなのか
これは全く同感です。

だからこそ、ブログのネットワークの存在が大きいと思います。



先月、京都の下鴨神社のマンション建設についても
執行停止の決定がされたようです。

33
素晴らしいです。
記事に真摯さを感じ、私自身平穏を取り戻せた気がします(ノω\*)色々あるからこそ人生だとは思いますが名前の所に連絡先入れてあるので一度山手の景観と環境を守る会さんに私の悩みを聞いて欲しいです。

あ、こちらへはジャンル巡りをしてたら偶然たどり着きましたd(^^*)
お返事を本当に心から待ってます。

Trackback
Comment form
プロフィール

山手の景観と環境を守る会

Author:山手の景観と環境を守る会
横浜山手は、外国人居留地時代のなごりを残す異国情緒あふれる美しい街並みと緑あふれる自然環境が見事に調和した住宅・文教地区です。また山手は、住民のみならず、多くの横浜市民、神奈川県民にとっても大切な思い出とともに心に残る印象深い町であり、何ものにも代えがたい貴重な共通財産でもあります。こうした歴史を今に受け継ぐ美しい山手町を心から愛し、誇りに思うからこそこの町を醜悪なマンション計画-ハイコート山手パレ244-から守りたいのです。

最新トラックバック
訪問者数
最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。