HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト環境  »  続くマンション紛争―泉岳寺の闘い No2
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
忠臣蔵の赤穂浪士が眠ることで有名な泉岳寺の隣で、マンション建設を巡る紛争がジャパンタイムズで取り上げられている。これで2度目である。

文化財や歴史的景観の保全、対現在の経済的利益の追求という論点である。

海外では、文化財や歴史的景観の保全のために官民ともに懸命に努力し、結果として、美しいまちなみ、景観の維持形成にある程度成功しているのに対して、日本のまちなみはごちゃごちゃと指摘されている。

法的な整備の問題ももちろんある。

しかし、その前に、事業者の側に、社会の構成員として意識が乏しく、違法でなければ収益追求のためには何をしてもいい(当然の権利がある)との考え方にも問題がある。確かに、民間企業である以上収益追求は当然である。しかし、景観や環境も踏まえ、柔軟に頭を使った計画を考えることはできるはずである。問題なのは、はじめから自分たちの権利を全面に打ち出して、その他の価値観を無視してかかる事業姿勢ではないだろうか。もちろん、他の価値観を無視することは明らかな違法ではないのだから。記事によると、事業者である第一リアルター株式会社は、この件についてのコメントを拒否しているらしい。答える「義務」はないので当然の対応であろう。

ちなみに、ここ山手に建設されたハイコート山手パレ244は、2014年春に完成し、募集活動は2013年の夏から行われているが、いまも週末には、販売会社がマンション周辺を掃除し、マンション場所の誘導の案内のひとが看板をもって立っている。

これも、山手という場所の特性を頭を使って十分考えずに、自分たち流のこれまでのやり方で計画を強行したことの一つの帰結である。歴史、景観、土地柄をもっと頭を使って考え抜いて計画をたてれば、ここまで反対運動にあうこともなかったであろうし、販売に苦戦することもなかったのではないだろうか。

参考:泉岳寺の歴史的文化財を守る会

あたたかい応援をお願いいたします。
こちら(↓)をクリック願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

山手の景観と環境を守る会

Author:山手の景観と環境を守る会
横浜山手は、外国人居留地時代のなごりを残す異国情緒あふれる美しい街並みと緑あふれる自然環境が見事に調和した住宅・文教地区です。また山手は、住民のみならず、多くの横浜市民、神奈川県民にとっても大切な思い出とともに心に残る印象深い町であり、何ものにも代えがたい貴重な共通財産でもあります。こうした歴史を今に受け継ぐ美しい山手町を心から愛し、誇りに思うからこそこの町を醜悪なマンション計画-ハイコート山手パレ244-から守りたいのです。

最新トラックバック
訪問者数
最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。