FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトおかしな行政  »  不誠実極まりない横浜市
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
守る会のメンバーであるご高齢のご婦人が、林文子市長に何度もお手紙を差し上げている。ご婦人は、この地に30年以上住み、ここ244番地には木々の緑と光、野鳥の声に包まれた大切な思い出がたくさんあるのだ。ご婦人は、現場主義を掲げ、環境・景観の大切さを唱えている林文子市長ならば、切なる市民の肉声を聞けば、単に事務的な対応ではなく、「現場」をみた上で適切な判断をしてくれるはずだと、信じてきたのである。

先日、とにかく現場を一度みて欲しいとのお願いのお手紙を差し上げたところ、建築環境課長から意味不明の日本語でかかれたトンチンカンな返事がきた。そこで、この回答では手紙に応えていない、と再度市長に手紙を出したところ、今度も建築環境課長から前回の回答通りと形式的な回答がきた。

市長に現場を見に来て下さいとのお願いに対する返事の内容は、本来、市長がイエスかノーのどちらかになるべきであって、建築環境課の条例の説明は無関係である。

要するに、不都合な問題とは向き合わずに、実質的には徹底的に無視し、回答したというアリバイを作りたいだけなのだ。

今回の係争の大本には、このような横浜市のいい加減な行政態度や判断があるのである。本来開発許可が必要なところを、長谷工に便宜を図り、そのための入れ知恵まで裏でこそこそ行ったり、樹木の伐採に関しても、異なる矛盾する判断を示すなど、信じられないような行為が、行政行為として平然と行われてきているのである。

横浜地裁での審尋でも、裁判官が、「横浜市がおかしいですね」とコメントしたほどである。

業者が住民に横暴なのは、一定理解し得るにしても、行政が納税者に対してこのようなふざけた対応をとるのは理解しえない。保身主義の役人の常識は、世間の、いや世界の非常識だ。


あたたかい応援をお願いいたします。
こちら(↓)をクリック願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

山手の景観と環境を守る会

Author:山手の景観と環境を守る会
横浜山手は、外国人居留地時代のなごりを残す異国情緒あふれる美しい街並みと緑あふれる自然環境が見事に調和した住宅・文教地区です。また山手は、住民のみならず、多くの横浜市民、神奈川県民にとっても大切な思い出とともに心に残る印象深い町であり、何ものにも代えがたい貴重な共通財産でもあります。こうした歴史を今に受け継ぐ美しい山手町を心から愛し、誇りに思うからこそこの町を醜悪なマンション計画-ハイコート山手パレ244-から守りたいのです。

最新トラックバック
訪問者数
最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。