FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト鬼畜  »  ハイコート山手パレ244 ー 長谷工詣で?
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数日前の日経に、「不動産会社が「長谷工詣で」する理由」という記事が掲載された。

(記事内容始まり)
業界トップが集う年初恒例の不動産業界の賀詞交歓会で、今年は一風変わった“現象”が観察されたとのこと。
 「長谷工さんなら……」「何とか頼みますよ、長谷工さん」と、マンション建設最大手の長谷工コーポレーションの大栗育夫社長の周りに、大手不動産会社幹部が入れ代わり立ち代わり集まり、「まるで“長谷工詣で”状態」(出席者)が繰り広げられたらしい。
 本来であれば、長谷工は不動産会社にとって、マンション建設工事の発注先であり、いわば不動産会社の方が「お客様」で、本来なら長谷工が「仕事を下さい」とお願いする立場にもかかわらず、今や立場が“逆転”したというのだ。背景には、マンション販売の好調が続く中で、建設を担えるゼネコンの数が不足しているという今の業界の事情があるとのこと。
(記事内容おわり)

きっと、シエアにものを言わせて、下請けを牛耳っているのであろう。

さらに、価格支配力に加えて、特命受注方式で、近隣住民、行政とのトラブル対応などの汚れ役を一手に引き受け、不動産会社に迷惑をかけないビジネスモデルもきっと、「頼りになる悪役」としてその傲慢さ・強引さが評価されているのだろう

しかし、長谷工にお願いする不動産会会社もいつも無傷でいられるとは限らないので、用心が必要だ。現実に、ハイコート山手パレ244は裁判沙汰になっているのだから。


あたたかい応援をお願いいたします。
こちら(↓)をクリック願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

山手の景観と環境を守る会

Author:山手の景観と環境を守る会
横浜山手は、外国人居留地時代のなごりを残す異国情緒あふれる美しい街並みと緑あふれる自然環境が見事に調和した住宅・文教地区です。また山手は、住民のみならず、多くの横浜市民、神奈川県民にとっても大切な思い出とともに心に残る印象深い町であり、何ものにも代えがたい貴重な共通財産でもあります。こうした歴史を今に受け継ぐ美しい山手町を心から愛し、誇りに思うからこそこの町を醜悪なマンション計画-ハイコート山手パレ244-から守りたいのです。

最新トラックバック
訪問者数
最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。