HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト不承・不適合  »  山手地区景観風致保全要綱「不承」・山手まちづくり協定「不適合」のマンションを購入するとは?
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
山手244番地の長谷工・新日鉄興和のマンションは横浜市によって正式に「不承」認定の建築物である。さらに、山手まちづくり協定の観点からも正式に「不適合」と烙印を押されている。これは何を意味しているのだろうか。

つまり、山手地区の景観風致の維持に資するための基準を満たしていないマンション計画、つまり山手のふさわしくない、ひいては横浜の眺望確保にふさわしくないと正式に認定されたものということである。また、長谷工・新日鉄興和は、横浜市の再三の行政指導も聞き入れず、長い時間をかけて作りあげられてきた地域のまちづくりのルールも無視して、違法でないのであれば問題ないとの蛮行ともいえるほど強引な姿勢でマンション建築を強行しているということである。

長谷工や新日鉄興和は、マンションを売却して利益得ればそれでおしまいである。しかし、このマンションを購入した人は、購入した後が本当の始まりである。おそらく多くの人は30年程度の多額の住宅ローンを組んで返済していかなければいけない。そのうえ、「山手の地に最も相応しくない不承・不適合マンションの住人」という地域住民からの冷たい視線に中で生活していかなければならない。山手町の歴史で例がない、ここまでの強引なマンション計画がどれほど近隣住民を心情を害しているかを想像すれば、入居後の生活も思いやられるはずだ。

(長谷工CM「長谷工だからわかるんだ」)
タラタタッタタ、タラタタッタタ、
つくってきたからわかるんだ。マンションことならわかるんだ。長谷工、長谷工。
つくってきたからわかるんだ。どうすれば儲かるかわかるんだ。長谷工、長谷工。
つくってきたからわかるんだ。新日鉄興和の名前を使えば売れるんだ。不承・不適合マンションでも売れるんだ。
タラタタッタタ、タラタタッタタ、
つくってきたからわかるんだ。売ってしまえば、関係ない。買った人がバ●なんだ。長谷工、長谷工。
タラタタッタタ、タラタタッタタ(高笑い)

つくってきたからわかる長谷工には、わからないことがある。マンションしかつくってこなかったから、売ってしまった後のことがわからない、いやわかろうとも思わない。風致や景観を守ることも、地域住民のことも、不承・不適合マンションを購入してしまった人の後悔もわからないし、わかる必要もないのだ。

不承・不適合マンションを購入するということは、「山手の地に相応しくないマンションの住人」になることだ。

自分なら、山手の地に相応しくない不承・不適合マンションなど高いお金を払って絶対に買わない。山手の地に住みたい人には意味のない買い物である。しかも、値段だけは山手価格であきらかに割高になることは間違いないのだ。


こちら(↓)をクリック願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

山手の景観と環境を守る会

Author:山手の景観と環境を守る会
横浜山手は、外国人居留地時代のなごりを残す異国情緒あふれる美しい街並みと緑あふれる自然環境が見事に調和した住宅・文教地区です。また山手は、住民のみならず、多くの横浜市民、神奈川県民にとっても大切な思い出とともに心に残る印象深い町であり、何ものにも代えがたい貴重な共通財産でもあります。こうした歴史を今に受け継ぐ美しい山手町を心から愛し、誇りに思うからこそこの町を醜悪なマンション計画-ハイコート山手パレ244-から守りたいのです。

最新トラックバック
訪問者数
最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。