HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト樹木の保全  »  鬼畜 新日鉄興和 長谷工、ヒマラヤスギの最期
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このような10メートル級のヒマラヤスギの貴重な巨木をわざわざ伐採しなくても、同じ大きさの建物は立つ。それなのに、なぜ自分たちの計画にのみ固執し、市からは「不承」マンション、山手まちづくり協定運営委員会からは「不適合」マンションといわれてまで、これらの樹木たちを伐採する必要がはたしてあったのだろうか。。。これほどの木が育つには、気が遠くなるほど長い時間を要するというのに。

自称、環境企業の新日鉄興和、鬼畜長谷工、一体なぜなんだ??


こちら(↓)をクリック願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村

(伐採前のヒマラヤスギ)


(自称環境企業 新日鉄興和と鬼畜 長谷工によるヒマラヤスギの伐採)








関連記事
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

山手の景観と環境を守る会

Author:山手の景観と環境を守る会
横浜山手は、外国人居留地時代のなごりを残す異国情緒あふれる美しい街並みと緑あふれる自然環境が見事に調和した住宅・文教地区です。また山手は、住民のみならず、多くの横浜市民、神奈川県民にとっても大切な思い出とともに心に残る印象深い町であり、何ものにも代えがたい貴重な共通財産でもあります。こうした歴史を今に受け継ぐ美しい山手町を心から愛し、誇りに思うからこそこの町を醜悪なマンション計画-ハイコート山手パレ244-から守りたいのです。

最新トラックバック
訪問者数
最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。