FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイト法的行動  »  「不適合マンション」の建築確認にまった!
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013年3月25日付で新日鉄興和・長谷工のマンション建築計画についてなされた建築確認処分に対して、私たち「守る会」は、弁護団を通じて、5月2日付で横浜市建築審査会あてに審査請求を行い、建築確認処分の取り消しを求めた。同時に、建築確認の取り消しの裁決が出されるまでの間、建築確認の効力の停止を求めるべく「執行停止申し立て」も行った。

なお、守る会で情報開示請求したところ、山手まちづくり協定運営委員会でも、同計画の建築確認に対して同様の「異議申し立て」、「執行停止申し立て」を行っている。

今回の新日鉄興和・長谷工の強引なマンション計画から山手の景観・まちなみを守るための、今回の法的な対抗措置は、4月30日付けで行った風致地区内行為許可に関して、林文子横浜市長に対して行った「異議申し立て」及び「執行停止申し立て」に続くものである。

さらに、本日5月2日に横浜市建築審査会に「審査請求」、「執行停止申し立て」を行った後、横浜市役所にある横浜市政記者クラブで合同記者会見を行った。主要マスコミ各社の参加を得、今回のマンション計画の投げかける様々な社会的な問題に対する問題意識や関心が高まることに期待したい。

当然、少なくともこの問題が決着するまでは、残されている樹木の伐採を延期するのが、社会的責任のある大企業たる新日鉄興和・長谷工の最低限の良識であろう。マンションのことならわかるタッタラタッタタの長谷工はともかくとして、土地の80%を保有する実質的事業主であり、新日鉄住金、第一生命、日本生命といった日本のNational Establishmentを株主とする新日鉄興和の真の企業倫理が問われる


(横浜市政記者クラブでの合同記者会見 2013/5/2)
合同記者会見s

あたたかい応援をお願いいたします。
こちら(↓)をクリック願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Relate Entry
Comment
Trackback
Comment form
プロフィール

山手の景観と環境を守る会

Author:山手の景観と環境を守る会
横浜山手は、外国人居留地時代のなごりを残す異国情緒あふれる美しい街並みと緑あふれる自然環境が見事に調和した住宅・文教地区です。また山手は、住民のみならず、多くの横浜市民、神奈川県民にとっても大切な思い出とともに心に残る印象深い町であり、何ものにも代えがたい貴重な共通財産でもあります。こうした歴史を今に受け継ぐ美しい山手町を心から愛し、誇りに思うからこそこの町を醜悪なマンション計画-ハイコート山手パレ244-から守りたいのです。

最新トラックバック
訪問者数
最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。