HOME   »  2014年05月
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前社長自らの耐震偽装での行政処分、25億円の脱税に続いて、またまた長谷工で不祥事があった。今度は、元社員による約4000万円の使いこみが判明したとのことである。

これらの不祥事は、今回の件も含めて長谷工のHPには掲載されていない。長谷工の企業姿勢がここにも表れている。

やはり、マンションのような高価なものは信頼のできる業者からでなければ、と痛感する。

(詳細はこちらをご覧ください)
「当社元社員による不正行為について」 長谷工コーポレーション


あたたかい応援をお願いいたします。
こちら(↓)をクリック願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
今回の建築工事にあたって、開発許可の手続きを逃れるために、無理のある図面・計画で進めてきたため、現場の作業の方々は大変苦労しているようだ。

実体は一体工事なのに、別々の工事で開発にあたらないとしているために、北・南敷地のやりとりもままならず、作業員は隣接している北南の行き来にわざわざ毎日一般道を数百メートルも徒歩で迂回している。

そもそも、こうした不自然なやり方自体が、本来一連工事で開発許可が必要であったところ、強引に別々の工事と偽装して、開発許可を潜脱を意図したことを雄弁に物語っている。何らかのメリットなしに、こんな馬鹿げた苦労をするはずはないのだから。

それにしても、工事も大詰めになって、いよいよ横浜市に説明した図面との整合性が確認できる段階になってきた。これまでは、まだ工事途中なのでコメントできないとしてきた市も、現実と向き合う時がきた。

守る会は、当然、市に確認を求めていく意向である。

あたたかい応援をお願いいたします。
こちら(↓)をクリック願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事
私たちは、東京高等裁判所に抗告を申し立てている。
一般に抗告に対しては、東京高裁で審査し決定を下すのが通例だそうだ。高等裁判所は管轄が広く、大変忙しいからとのこと。

ところが、今回の抗告に対して、私たちのところへ東京高裁から審尋の呼び出しがあった。

やはり、原決定が申立人の主張を正しく理解せず、その申し立ての根拠をきちんと検討していないという印象を東京高裁の裁判官も抱いたのではないか。東京高裁の正義に期待したい。

あたたかい応援をお願いいたします。
こちら(↓)をクリック願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

山手の景観と環境を守る会

Author:山手の景観と環境を守る会
横浜山手は、外国人居留地時代のなごりを残す異国情緒あふれる美しい街並みと緑あふれる自然環境が見事に調和した住宅・文教地区です。また山手は、住民のみならず、多くの横浜市民、神奈川県民にとっても大切な思い出とともに心に残る印象深い町であり、何ものにも代えがたい貴重な共通財産でもあります。こうした歴史を今に受け継ぐ美しい山手町を心から愛し、誇りに思うからこそこの町を醜悪なマンション計画-ハイコート山手パレ244-から守りたいのです。

最新トラックバック
訪問者数
最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。