FC2ブログ
HOME   »  2014年04月
RSSフィード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
私たちは、東京高等裁判所に抗告を申し立てている。
それにしても、ハイコート山手パレとは皮肉なネーミングだ。「高台にある庭のある邸宅」のつもりの「ハイコート」の別の意味は、高等裁判所である。何とも示唆的だ。

私たちは、長谷工・新日鉄興和が、本来必要な開発許可を姑息なごまかしを積み上げて、法を潜脱したことは間違いないと、確信している。様々な証拠を提出し、このことを実証しているが、原決定はこの点を直視せず、きちんと検討していない。こうした裁判官の怠慢を許すことはできない。

以下の内容を準備書面を提出した。

平成26年(ソラ)第1011号抗告提起事件

第1準備書面

平成26年4月28日
東 京 高 等 裁 判 所  御 中

 抗告人等は横浜地方裁判所が平成26年4月18日、抗告人申立にかかる仮処分の申立(平成25年(ヨ)480号建築続行禁止仮処分命令申立事件)について抗告の申立をし、その中で抗告の理由を述べたが、本書を以てこれを補充する。

原審は抗告人等の仮処分申立を却下したが、申立を却下する以上、申立人の事実主張か予備的事実の主張であるとか、主張それ自体理由がないばあいを除いては、申立人の主張したすべての事実の存否について判断した上、法を適用すべきである。原決定は、抗告人の主張事実の存否について判断をせず、逆に安易に本件建築工事は所要の許可を基本として結局に於て建築関係等法規に適合しているので違法はないとして抗告人等の申立を却下した。しかしながら、抗告人等は、本件土地が都市計画法に基づき、良質な環境として指定され、法によって保護される社会的財産であり、これを保全することは公共の利益に適うものであること、そしてこの意味に於て風致地区に於けるすぐれた環境は社会公共の財産に比すべきものであることを主張した上、被抗告人等の行う本件建築工事は、周辺地域の環境と全く調和しないばかりか、逆に環境破壊に当るものであることを主張し、且つ事前説明集会に始って建物建設にいたる間に於てなされた数々の被抗告人の人格を無視した言動は、大企業として共同社会の共通の礼譲を忘れた許されない人格無視であり、その侮辱的発言は附近住民の神経を逆なでするもので、以上のことを綜合すれば、本件工事の遂行は違法である旨を主張し、抗告人等はすぐれた環境を享受する法的利益を有する者として、その資格に於て仮処分申請に及んだものである。

しかしながら原決定は、抗告人等の主張を正しく解釈せず、被抗告人等の本件工事は関係法規の定めに違反する点はなく、本件建物は周辺環境に適合しない特異な存在とまで言えないとしているが、そのような判断は以下に摘記するとおり、その基礎となった事実関係の認定を誤まっているので、原決定は違法として取消さるべきである。

1. 原決定は、日照、建物の建ぺい率、容積率、隣地との距離等について何れも建築基準法の定めに適合しているので問題はないとしている。抗告人等は原審に於てこの法に適合している事実を認めているのでこれは争点にはならない。抗告人が主張している趣旨は、本件土地が2400平方米を超える充分な広大な面積を有するに拘らず、実質4棟の建物を駐車場スペースを機械装置にして節約し、ハイコート山手と称していながら後庭前庭もない。あるものは一方通行しかできない自動車の車路のみで、敷地一杯に建物を建てて、周囲の環境と調和していないどころか、これを破壊するものであり、このような節度のない建築工事は風致地区に於ては許されないことを主張し、その具体的現象として隣地との極端なまでの接近や日照、眺望がさまたげられていることを主張しているにすぎずそのこと自体が主張の目的ではない。尚、現に建築中の建物はマンションと言うよりは外国の倉庫か工場を連想させる外観を呈し、それが敷地一杯に隙間のないように建てられているような異様な風景である。

2. また原決定は、本件土地の周辺地域には6階建の山手ハイム、5階建のメゾン山手及び3階建の山手ホームズがあり、これと比較して、本件建物が周辺環境に適合していないとは言えないと判示したが、山手ホームを除く上記のマンションは、いずれも風致地区の指定制度が定められる前に建設されたもので比較の対象とならない、また、判示が言う周辺地域の地理的範囲はどこまでの範囲を言うのか不明であるが、これらの建物はいずれも本件土地から離れたところにあり、その意味でも比較の対象とするのは適当でない。実際、本件建物の北側隣接地には、日本銀行の2階建宿舎があり、南側隣接地には3階建のマンションがあるが自動車を直接玄関前に停車できるほど前庭は充分確保され、正面には大きな樹木が植えられ周囲と調和した品格のある建物であって、外国の倉庫か工場建物かと見まごう本件建物とは趣きが全く異なる。また少し離れた南側に大成建設の建築した3階建18戸のマンションがあるがその敷地は公道から南につづく傾斜地にあり周辺には数10年の樹齢を超える巨木が整然と生育し、前庭には約20台の駐車スペースがあってしかも自動車の出入に全く支障を来さない広さの前庭が展開していて風格のあるマンションとなっている。その他は個人住宅で、それぞれが住む人達の生活を反映して違和感はない。原決定は位置的にも歴史的にも比較の対象となりえない2つのマンションの例を引用して本件建物が近隣の環境と調和を欠くものでないとすることは明かに事実認定のあやまりである。

3. 原決定は、抗告人等の本件建築工事の違法の主張について、「本件地上において、従前建物の解体工事が一体として行われた旨を認定するとともに、建物の建設については2棟それぞれ別個独立の工事であった」と認定しているが、この点については、整地工事は同一の下請業者によって土地全体について行われ、作業のために南北自由に作業機械が往来し、工事の下請会社も南北2棟(実質4棟)について行われ、その実施状況を見ても南北各2棟の工事に配される作業員は毎日朝8時に本件土地の北側に設置された建築事務所に集められ、その日の作業指示をうけて各持場につくと言ったことの繰り返しであること、そして本件工事は被抗告人等の行うものであることを思い合わせると、工事は事業としては実質的に1箇の建設工事である。建築基準法による審査では建物の安全確保を目的とするものであるから、審査は2棟別々に対して行われるので手続法上の2箇の建築工事にならざるを得ない。しかしこれを以て本件建設工事という事業が2箇になるわけではない。被抗告人等が本件工事が別箇独立のもので、官庁に対する届も各別に行っているけれども実質的には法の規制を免れるための姑息な手段であることは原審に於て主張立証したとおりであって、この点についての原決定中の判断は到底納得することができない。また、原決定は、本件建物の建築は建築基準法の確認を得ていることを申立却下の理由としているが、同法による審査の目的は建物の安全にあるのであって環境保護の問題とはかかわりがない。それ故これを以て却下の一理由とすることはあやまりである。抗告人等はこの点については原審において主張を盡し、これを支持する充分な証拠を提出しているので重ねてここで述べることは無意味であるからこれをしない。

4. 原決定は、樹木の伐採については計22本の保存または移植を含め合計244本の植栽を行う予定なので周囲の景観を乱していないと判示する。しかしながら、そもそも建築に当って多数の大木を皆伐したのは、これをしないと計画どおりの規模と数の建物が建てられないことからなされたということによるものであることを思えば、建物を計画どおり建てた後は、植樹をする余地はない筈である。したがって被抗告人等の行い得る植樹の大きさ、その植栽位置は甚だしく限られることは理の当然であって、原決定はこれを以て「緑地の維持と言う面に於ても相応の対応が施された」と判示し、木竹の伐採は補植によって景観は保たれているかの如く述べているが、そのような認定は上記の皆伐の事情を思えば誤まった認定と言わざるを得ない。また、原決定は「木竹の伐採について横浜市風致地区条例に基づく横浜市の許可を得ていることを一応認めることができる」としているが、横浜市は同時に山手地区景観風致保全要綱の審査において、景観風致の維持・増進への対応が不十分として本計画を不承処分とするなど矛盾した判断を行っており、横浜市の判断には論理的な信頼性はない。一度失われた美しい環境は二度と戻って来ない。原決定が土地の利用状況は時の経過とともに変動するのが通常であるとしているが法律の規定を以て現在の環境、風致を維持すべきものにされている風致地区にはそのような考え方はあやまりと言うほかはない。

5. 抗告人等は、本件工事自体については始めから反対しておらず、専ら風致地区として景観と環境を守るため、環境と調和する建築をしてもらいたい旨を要望したのに対し、被抗告人株式会社長谷工コーポレーションの幹部職員は横浜市で行われた斡旋の場に於て、抗告人等の礼を盡した要請にも拘らず、「自分の土地に何を建てようと勝手だと暴言を以て答えたが、その後被抗告人等の建設工事の経過の中でとって来た態度はこの暴言どおりで終始住民の人格を無視した数々の不法な言動であったことは原審で述べたとおりである。かくして、被抗告人の行う建築工事自体、行政法規に反する違法がありその建築工事の過程に於ても抗告人等の名誉感情を不当に害する違法行為があり、これらを総合するとこのような被抗告人の行為は公序に反し、権利の濫用として許されないことを主張するものである。

6. 要するに、本件に於ける被抗告人の行為は、最大の利益追求するがために地上樹木を悉く伐採し、その結果、周辺の環境の風致の保全という法の目的を無視しまたその行う工事には行政法規潜脱と違反があり、そのような限りなく営利を求める行為によって貴重な社会的財産と言うべき風致地区を破壊するものでこのような営業行為は権利の濫用として共同社会に於て許されない。すぐれた自然環境は一度破壊されると半恒久的に元の姿をとりもどすことができない。ことに本件土地は、風致地区として横浜市民は言うに及ばず多くの他府県の人達が訪れる場所である。それ故、本件建築計画の内容をきいて2000人にのぼる数の県内外の人達から建設の規制を求める上申書に署名が寄せられた事実を見ても、本件土地を含む山手地区一帯の風致の保全の重要性が認識される。

以上


あたたかい応援をお願いいたします。
こちら(↓)をクリック願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
建築工事も終盤に入り、工事用の囲いがとれようやくその建物の全貌が明らかになるにつれ、守る会への住民の方からの苦情が増えてきた。要するに、なぜこんな環境と不調なみっともない建築計画を許したのか、という内容である。

建物に対する皆さんの意見は以下のようなもの。

-びっくりするほど小さな部屋がところ狭しと並んでいる。まるで長屋
-テラスの塀がプラスチックっぽく公団住宅のよう
-建物に張られたタイルが安っぽい(実際には、タイルではなく、タイル調のサイディング
-タイルでなく、石をはれ(正確には、石目調サイディング?)
-外廊下で学校、老人ホームのよう
-工事関係者がわが物顔で路駐し放題
-工事関係者の不注意運転で事故
-木はいつ植えられるのか(長谷工は植えてるつもり)
などなど。

私たちは、はじめから建築そのものには反対していない。作るなら環境と調和したものを作って下さいとお願いしてきたにすぎない。

このマンションブームにもかかわらず、販売も大苦戦で値崩れも始まっているという噂もきく。

全く残念なことだ。

私たちや近所の人ももちろん被害者だが、購入された方にもなんだかとても気の毒だ。

結局、せっかくの景観や環境を破壊し、住民や顧客を食い物にして、長谷工がわずかに儲けただけの話である。

こんなビジネスのどこに未来があるのか。

タイルでなく、タイル調のサイディングのマンションで一億円は、購入者にあまりにも気の毒だ。長谷工のコスト削減の徹底ぶりは驚愕ものだ。


あたたかい応援をお願いいたします。
こちら(↓)をクリック願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事
私たちの工事停止会処分申立に対する横浜地裁の却下決定文は、事業主が、疑わしいが「一応」法的な体裁を整えていることを理由にする「一応」だらけのものであった。このような、思考・判断停止した裁判官のとぼけた決定を到底受け入れることは出来ない。私たちは、これを不服として東京高裁に即時抗告を行った。

以下が、抗告内容である。


 上記債権者と債務間の横浜地方裁判所平成25年(ヨ)第480号建築続行禁止仮処分命令申立事件について,同裁判所第3民事部が平成26年4月7日した仮処分命令申立却下決定に対し不服であるから即時抗告をいたします。

第1 原決定の表示
  本件仮処分命令申立を却下する。
第2 抗告の趣旨
  1 原決定を取り消す
  2 本件を横浜地方裁判所に差し戻す
  との裁判を求める。

               理 由

本件仮処分申請にかかる物件の所在地とその内容は、別紙目録2、3のとおりである。

平成18年3月30日の最高裁判決によれば、すぐれた環境に居住するものはその環境のもたらす利益を享受する法的利益を有するものとされている。これは、そこに居住する住民が世代を重ねて行った環境保全の努力の積み重ねによって形成されるものであって原決定の言うような「望外の利益」などと言うものではない。抗告人の主張は、これを基本として、本件建築工事は、法と条例によって風致地区として保護されるすぐれた環境と景観という社会的財産である本件土地用途を、私企業が利益追求のみを目指す節度を欠いた建築行為によって破壊することは許されないことを主張するものである。建築途上に於ては出来上った建物の状況を想像して主張することは困難である。それ故、抗告人等は眺望、日照、通風、プライバシー侵害等の主張を被抗告人の建築計画から当然予想される破壊につながる行為を推論してこれを以て破壊の現実を彷彿させようと試みたにすぎず、それらが主要の要点ではない。抗告人等はこのような環境破壊の事実を裁判所に理解して頂くために、建物が隣地や隣所の至近距離に建てられていることが当然の結果として生ずる日照や眺望が悪化していることをのべたにすぎずそのことが本件に於ける主張目的ではなく、環境破壊の結果として必然的に生ずる事象を述べたにすぎない。しかるに原審決定は、日照や建物の接近等は相隣関係を律する法律の範囲内であること、及び近隣に他に高層のマンションのあることを以て本件建物の建設が附近の環境と調和するとしているが、そもそもこれらの建物は都市計画法改正前即ち風致地区の制度もない時代に建てられた建物であって比較にならない。のみならずこれらの建物は本件地域から離れていて隣接地域とは言えない。それ故、原決定がこれらの建物の存在が抗告人の「環境破壊の主張をしりぞける」理由の一つとしているが事実の誤認と言うほかはない。また、原決定は、被抗告人が本件建築はすべて法の手続を経ていることを理由にしているが、開発行為の制約を免れるために一筆の土地を南北に事実上分けたことにして事実上開発脱れをしている違法があり、それ故これに続く建築確認にも違法性は継承される。殊に開発行為の潜脱は刑事罰に当ることを思えば本件建築確認も当然無效である。また木竹の伐採にしても横浜市の1本ルール(樹木の大小に拘らず1米の苗木を代りに植えれば風致は保たれるとする行政手続法に基づくとされる所轄局の定めた審査基準は苗木同然の小木を代りに1本植えることを条件に皆伐を認めるもので、風致地区に於ける木竹の伐採を原則禁止し、特別の事由のあるときこの制限を緩和するという条例の趣旨と背馳し、いわば審査基準は、条例の定めと真向から背くものでそれ自体無效である。それ故、本件に於て被抗告人のした皆伐にひとしい行為は違法であることは誰の目からも見ても明かである。また、抗告人等は、本件建築工事の発表がなされたときから、建物の建築それ自体に反対するものでないことを明確にし、終始環境と調和のとれた建物を建ててほしいとの要望をしつづけていたにすぎないのに対し、被抗告人は自分の土地に何を建てようが勝手だと暴言を放ち、住民の環境保全を目的とする諸要求について一切耳を藉さず、1年を超える騒音、振動、作業車両の渦、果ては道路交通法の許可を得ずして公道に終日駐車してそこで作業を行うなど、工事の進行とともに形をかえてくりかえされる不法行為に、耐え切れずに苦情を言う住民に対しては、謝るどころか逆に反論する有様である。又、共同の建築主の新日鉄興和不動産株式会社は、その土地持分の割合から建築主として長谷工の所為をコントロールすることができる立場にありながら、抗告人から長谷工の環境破壊行為について匡正さすべく、再々礼を盡して懇願したのに対し、長谷工に一切委させているとして何等の匡正措置もとらないばかりか、要求に対しては一切無視して答えず、説明会にも出席しない、上記のような住民を侮辱しその人格を無視する長谷工の傲慢無礼な態度とともに新日鉄興和不動産の態度は近隣住民の名誉感情を傷つける人格無視の不法行為にあたる。要するに、被抗告人等の本件工事は、都市計画法によって風致地区として保護される社会的財産即ち公共の利益を犠牲にして最大の利益追求するものであって権利の濫用以外の何物でもない。原決定はこの点について、被抗告人の形式論に追従した上、抗告人等の主張を充分理解せず申立事実について判断を盡さなかった。即ち、原決定は、抗告人等の事実主張を正しく理解せず、本件建物が建築基準法の定める基準に適合していること、建築に先だってなされた開発行為の要否についても、その必要がなかったこと並びに木竹の伐採については市の許可を得ていることを理由に違法はないとしている。しかしながら、抗告人等は、これまでは、被抗告人が建築基準法所定の建築確認を得ていることや、開発について市が適用なしとしたこと及び伐採許可を得ているなど、形式的には法の手続を経ていることを認めた上で、なお被抗告人等の行う本件建築工事は実質的には違法であること、即ち被抗告人等の本件工事は風致地区として良好な自然環境及び生活環境の保全という都市計画法の目指す立法目的に全く背馳することを主張しているものであって、日照が奪われることやプライバシーを失われる旨の主張は、本件建築工事による環境破壊行為の極まっている状況を象徴する一例として主張しているにすぎない。それらは抗告人等の根本的な主張の目的ではない。それ故、日照、至近距離自体の主張を個別に捉えてそれぞれについて問題がないとしこれを理由に抗告人等の主張をしりぞけた原審裁判所の判断は、被抗告人の適法の主張をそのまま再説したにすぎず、抗告人等の裁判を求めた理由について判断がなされていない。

抗告人等の原審に於て一貫して主張したことは、本件地域はその歴史的意義と自然環境及び生活環境の優れていることそしてその故に横浜市が都市の優れた環境の維持保全を目的とする都市計画法に基づき風致地区と指定し、使用について諸々の規制(例えば宣伝用看板の掲示物の禁止、物販店の開設の禁止等)を加えている。このようなことからすれば、本件地区を含む山手町全体の景観と環境は、社会的共有財産であり、そしてそこに住む人々は良好な環境の利益を享受する法的利益を有する。いわば山手町の景観と環境は社会公共の財産であってこれを保全することは公共の福祉に適うものであることと主張し、これを前提に、被抗告人の本件建築は法の手続を経ているという点に於て形式的には適法の体裁をなしているがその実質に於ては、公共の財産を不当に侵害する違法があり、許されないことを主張している。そしてその具体的理由として、出来上った実質4棟の建物は法の許す最大限の規模の建物であり、周囲の景観木を含む大木は建築の妨げになるとして皆伐され、広大な土地に敷地一杯に公道や隣家に迫って建物が建てられた様は異様と言うほかなく駐車場に余裕がないため機械式装置を敷地に配し、庭園らしきものさえなく、残るは駐車場から公道に通ずる狭い車路のみである。凡そマンションのイメージとは全くかけ離れた敷地一杯に工場群が突如出現した観がある。原決定は当然のことながら現場検証を行っておらず専ら被抗告人提出の図面と説明に依存して本件建物は周囲環境と調和しており問題がないと断じているが真逆の評価であると言わざるを得ない。原判決は抗告人の主張を退けるについてこれらの点について抗告人の忍受の範囲内であるとしてこれを以て抗告人等の主張をしりぞける理由の一つとしているが本末転倒の議論である。而も建設計画発表から今日の建築に至るまでの被抗告人の住民に対する人格無視の一貫した態度は共同社会の一員として到底容認されない。判例によれば、「良好な景観に近接する地域内に居住し、その恵沢を日常的に享有している者が有する景観利益は法律上保護に値するが、景観利益の侵害が違法なものということには、侵害行為の刑罰法規や行政法規の規制に違反するなど、その態様と程度において社会的に容認された行為としての相当性を欠く場合に限られる。」とされている。本件に於ては開発行為の潜脱は都市計画法に於て刑事罰を以て処断されるべき違法行為であること、木竹の皆伐の違法その他本件工事に於て被抗告人等の抗告人等近隣住民に対する人格無視の言動を考えると社会的に容認された行為として相当性を欠くものである。以上の理由により原決定は取消を免れない。


あたたかい応援をお願いいたします。
こちら(↓)をクリック願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事
マンションコミュニティ-ハイコート山手パレ244で、最近工事用に囲いが取れて現れたマンション外観に失望する近隣住民の人の声がいくつも上がっているのに、ことごとく削除されている。

書き込みも長谷工のやらせと思われるようなものばかり。

マンションコミュニティ-ハイコート山手パレ244の管理人は長谷工なのか?

長谷工って本当にすごすぎる。

あたたかい応援をお願いいたします。
こちら(↓)をクリック願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事
埋もれた木

ハイコート山手パレ244-どこまでも姑息で卑劣な長谷工」という記事で、裁判所から10メートル級の樹木の植樹の検討を命じられていた長谷工は、まそにその場所に、予定を大幅に前倒ししてキンモクセイを植えて、拒絶するための既成事実づくりが行われたことを書いた。まだ、建物の外部も終わっておらず、足場もあり邪魔になって仕方がないのにである。

その後の横浜地裁での審尋で、このことに関しては、まさに予定通りであると長谷工は強弁した。

しかし、この写真をみればわかる通り、今これらのキンモクセイは土に埋もれている。やはり、無理して植えたので邪魔だったのである。

長谷工にやることは一事が万事この調子なので、今さら驚かないが。。。。

あたたかい応援をお願いいたします。
こちら(↓)をクリック願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事
守る会のメンバーであるご高齢のご婦人が、林文子市長に何度もお手紙を差し上げている。ご婦人は、この地に30年以上住み、ここ244番地には木々の緑と光、野鳥の声に包まれた大切な思い出がたくさんあるのだ。ご婦人は、現場主義を掲げ、環境・景観の大切さを唱えている林文子市長ならば、切なる市民の肉声を聞けば、単に事務的な対応ではなく、「現場」をみた上で適切な判断をしてくれるはずだと、信じてきたのである。

先日、とにかく現場を一度みて欲しいとのお願いのお手紙を差し上げたところ、建築環境課長から意味不明の日本語でかかれたトンチンカンな返事がきた。そこで、この回答では手紙に応えていない、と再度市長に手紙を出したところ、今度も建築環境課長から前回の回答通りと形式的な回答がきた。

市長に現場を見に来て下さいとのお願いに対する返事の内容は、本来、市長がイエスかノーのどちらかになるべきであって、建築環境課の条例の説明は無関係である。

要するに、不都合な問題とは向き合わずに、実質的には徹底的に無視し、回答したというアリバイを作りたいだけなのだ。

今回の係争の大本には、このような横浜市のいい加減な行政態度や判断があるのである。本来開発許可が必要なところを、長谷工に便宜を図り、そのための入れ知恵まで裏でこそこそ行ったり、樹木の伐採に関しても、異なる矛盾する判断を示すなど、信じられないような行為が、行政行為として平然と行われてきているのである。

横浜地裁での審尋でも、裁判官が、「横浜市がおかしいですね」とコメントしたほどである。

業者が住民に横暴なのは、一定理解し得るにしても、行政が納税者に対してこのようなふざけた対応をとるのは理解しえない。保身主義の役人の常識は、世間の、いや世界の非常識だ。


あたたかい応援をお願いいたします。
こちら(↓)をクリック願います。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 横浜(市)情報へ
にほんブログ村
関連記事
プロフィール

山手の景観と環境を守る会

Author:山手の景観と環境を守る会
横浜山手は、外国人居留地時代のなごりを残す異国情緒あふれる美しい街並みと緑あふれる自然環境が見事に調和した住宅・文教地区です。また山手は、住民のみならず、多くの横浜市民、神奈川県民にとっても大切な思い出とともに心に残る印象深い町であり、何ものにも代えがたい貴重な共通財産でもあります。こうした歴史を今に受け継ぐ美しい山手町を心から愛し、誇りに思うからこそこの町を醜悪なマンション計画-ハイコート山手パレ244-から守りたいのです。

最新トラックバック
訪問者数
最新記事
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

PAGE TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。